言葉に出来ない不調。

こんにちは、人にやさしく、メガネにもやさしい、福井県福井市のメガネ店、SAKAIです。

メガネは、ファッション+メガネのトータルコーディネートです!

今回ご紹介させて頂くのは、ご新規の男性のお客さまです。
フォーナインズのメガネをお探しで、NP-20シリーズをご指名でご来店頂きました。
(少し前のモデルなので、在庫があって、良かった!)

40代・男性(移動が多い自営業)
坂井さん、こんにちは!初めまして!最近のメガネは、クラシックが主流だと思うんですけど、クラシックな雰囲気、僕はちょっとニガテで…。どこのお店に行っても、クラシック系の枠しか薦められないから、残念に思ってたんです。

こちらこそ初めまして!本日は宜しくお願いします!
え!そうだったんですか!Kさま、お洋服や髪型もそうですが、カッコいい系の雰囲気なので、ストレートにカッコいいメガネがお似合いになりそうですよね(^^)!

実はご来店頂いたKさま、結構、カッコいい系の雰囲気なんです。
わたしなら、Kさまにクラシックは薦めないかな…と思うような感じの雰囲気なんですが、
どこのメガネ屋さんに行っても、

「いまはクラシックが主流だから!」

とボストン系のメガネをおすすめされて、しょんぼりされていたとのこと。
確かに、自分のことを見てくれていないんだな、と思って、がっかりしちゃうかも…(;^_^A
メガネは、トータルコーディネート。
もちろん、クラシックスタイルも素敵ですが、その人の雰囲気や、ファッション、
ライフスタイルからメガネを提案してくれると、嬉しいですよね(^ ^♪

メガネは999.9 × M-POSレンズカラーで決まりです!

メガネフレーム:999.9
レンズ:M-POSレンズ
カラー:コパー50%

仕事柄、運転が多いとのことで、ご相談をさせて頂いて、
レンズは、光を和らげ、高鮮明度で、スッキリ見えることで定評のある、
M-POSレンズを選ばせて頂きました(^^)

それでは眼の状態を分析していきます。

Kさま、いまからメガネを作るにあたって、色々検査をしていこうと思っているんですが、今お使いのメガネで何か気になることはありますか?

多分、度数は全部違っていると思うんですが、どれが正しいのか分からなくて…あと、何て言って良いのか分からないんですが…不調がある気がします…ごめんなさい、上手く言葉にできなくて。

とにかく「不調」があることだけは、しっかりと自覚されているようですので、
あとはこちらでその不調を発見して行けたら、と思います!

使用眼鏡

R)S-6.50 C-1.00 AX1°  ×0.3
L)S-6.75 C-1.00 AX172° ×0.5

この時点で、矯正視力が低いことが気になります。

NPC=20cm以上

眼をどれだけ内側に寄せることが出来るのか(=寄り眼)のテストも、
驚きの20cm以上…(;^_^A
これでは、眼が寄らないのに、近くを、めっちゃ頑張って見ていることになりますね…。

カバーテスト=左眼で外斜視の動き

何とも恐ろしいことに、このメガネだと、左眼で外斜視になっちゃってます…(;^_^A
このメガネを使い続けると、ある日突然、物が二重に見えるようになる、
ということが起きてくる可能性も有る、ということですね。

追従=No(両眼ともスムーズに動かない)

両眼が上手く使えているかのテストでも、スムーズに眼が動きません。

測定度数

R)S-7.00 C-0.50 AX50°ADD+1.50 0.25△BU ×0.7
L)S-6.75 C-0.50 AX70°ADD+1.50 0.25△BD ×0.6

利目の右眼で2段階の近視未矯正、2段階の乱視過矯正、50°の軸ズレ、
左眼で2段階の乱視過矯正、102°の軸ズレ、
第二のお年頃ということで、老眼と、視線のズレが見つかりました。

(視線のズレについては、下記の「斜位とは?」を参考にして下さい。)

それにしてもこのズレっぷり、なかなかですね~(;^_^A
特にこのKさま、オートレフと言われる機械との相性が悪くて、
軸度が正確に出ないので、アナログな方法で検査して、軸度を出していきました。

アナログって本当に素晴らしいですよね。
幾ら機械が発達しても、アナログはなくならない、とわたしは信じてますから。

NPC=20cm以上だが、確実に距離が縮まっている。

カバーテスト=左眼での外斜視の動きは減少。

とりあえず、外斜視の動きはかなり減ったので、こちらは常用で様子見です。

追従=Yes(スムーズに動くようになった)

両眼のバランスを整えてあげることで、
眼もきちんとスムーズに動くようになりました!良かった!
ちなみにかなりの長期間、合わないメガネを掛け続けた影響で、
NPCはあまり縮まらなかったんですが、きちんとメガネを常用することで、
低下した視機能は、少しずつ、ゆっくり改善していきますから、ご安心くださいね(^^)

さっそく仮枠の状態で掛けて頂くと……

わっ!仮枠だけど、こんなに隅々までピントが合ったメガネ、掛けたことない…
それに、眼が緊張していたのが、ふっと楽になったのが分かります。眼が、すごく楽です、坂井さん。

えっ!ほんとですか!仮枠ですら楽って嬉しいです(^^)左上斜位も見つかったし、すごく眼を酷使してたんですね、今まで。出来上がりが楽しみですね~!頑張ってメガネ作りますのでしばらくお待ちくださいね!

言葉にできない不調をくみ取るのも、眼鏡士のお仕事です。

メガネをお渡しさせて頂くと、カラーも思い通りのお色だったようで、
遠くも見やすいし、大変喜んで頂けて、わたしも本当に嬉しかったです!
きっとこのお客様の言葉に出来ない不調は、

  • 「屈折異常」がきちんと補正されていなかったことからくる違和感。
  • 「左上斜位」からくる違和感。

この2つだったんだろうな、と思っています。
お客さまでも伝えきれない「違和感」をくみ取ることも、眼鏡店の大事な仕事ですよね(^^)
この度は、遠方からいらして下さって、本当にありがとうございました!
今回は、色々と相談させて頂いて、遠用単焦点で作らせて頂きましたので、
次は近く用のメガネが必要になりますね!
またメンテナンスでいらして下さいね~!これからも宜しくお願いします!

嬉しい後日談!

実は先日、こちらのお客さまが、2本目のメガネをオーダーしにいらして下さったんですが、
その時にとても嬉しいお言葉を聞くことが出来ました。

坂井さん、こんにちは!その節はお世話になり、本当にありがとうございました!
坂井さんにメガネを作ってもらって、最初3カ月ぐらいは、度数が変わったことに慣れない疲れがあったんですが、常用して、半年を超える頃から、僕、片頭痛持ちがだったんですが、

「あれ?そういえば、片頭痛の頻度が減ってる。」

ってことに気が付いたんです。
それで肩こりも酷くて、いつも整体にも通っていて、肩がガチガチで、指が入らないって言われてたんですね。でも半年を超える辺りから整体の方にも、

「大分肩が柔らかくほぐれてきて、指が入るようになってきたよ!」

って言われるようになって。慣れるまではちょっと大変だったんですけど、ご縁があって、坂井さんのお店に来させてもらって、色々なことをお勉強させてもらえて、身体も楽になって、本当にメガネ作らせて頂いて良かったです。ありがとうございました。

おおー!そんな変化があったんですか!それはすごく嬉しい!
確かに、以前のメガネは低矯正で、今まで眼の筋肉を使っていなかったのが、しっかりと度数を合わせて両眼を上手く使うようになったので、眼の疲れは「使っていなかった筋肉を使うことから生まれる疲労」だと思われます。頑張って使い続けて下さって本当にありがとうございました!
あとお客さまから、片頭痛が減ったとか、肩こり酷くて整体に通ってたけど、その肩凝りが軽減したとか、やっぱりよく伺いますよ。中には、頭痛が酷くてMRIまで撮ったけど、何ともなくて、眼鏡作ったら、頭痛が減ったとか。
視神経は身体に繋がっているので、やはり両眼視の崩れた状態は、ダイレクトに身体に反映されますよね(;^_^A身体も楽になって良かったです!

個人的には、視機能が低下している人ほど、
新しいメガネに慣れるには時間が必要だな、と感じております。
イメージ的には、要介護5(寝たきりレベル)の人が、
リハビリを通して、要介護2ぐらいにまで回復する感じでしょうか。
介護状態が低ければ、簡単なリハビリを短時間することで身体の機能は回復しますけど、
重症度が高いほど、リハビリをずっと続けないと、
身体の機能は回復しない、そのようなイメージです。

こちらのKさまも、まだ調節ダメージは残っておりますので、
今後、老眼鏡を作り足して、少しずつ視機能を整えていくことで、
今よりももう少しダメージは回復していくものと思われますので、気長に頑張って下さいね(^^)

この度は、嬉しいお言葉を届けて下さってありがとうございました!