【お客さまのお声】レンズの使いやすさは、グレードに比例する!レンズは「見え方」で選んで!

こんにちは、人にやさしく、メガネにもやさしい、福井県福井市のメガネ店、SAKAIです。

【お客さまのお声】レンズの使いやすさは、グレードに比例する!みんな、レンズは「見え方」で選んで!

眼鏡学校に通う前から、仲良くして頂いているお客さまが、
先日お仕事用のレンズを交換に来て下さり、
普段使っている、カールツァイスのドライブセーフの遠近両用レンズと、
お仕事用で作った遠近両用レンズの違いを、
すごくストレートにレポートして下さったので、
お客さまの「これみんなに言った方が良いって!」というお声もありましたので、
会話形式で、記事を書いてみることにしました。
(※お客さまとの関係性もあり、かなりフランクな会話内容になっております。)

レンズのランクを下げることで、仕事のパフォーマンスも低下する。

坂井さん、こんにちは!
このあいだ作って貰った仕事用のレンズだけどさ、
やっぱりカールツァイスのドライブセーフと比較すると、ダメだわ。
なんかもう、見づらい。やっぱ、レンズは、グレードに比例するんだね。
俺もう、思ったって。もうほんと、ダメ。使いづらい。
(※レンズのメリット・デメリットをお伝えした上で、レンズ選定を行っております。)

そりゃー、天下のカールツァイスと比較すると・・・。笑
でも、あのレンズは、あのグレードの中でも、まだ使いやすい方なんですよ。
Mさんがね、デスクワーク中心で、レンズに薬剤飛ばないなら、
『それじゃ、カールツァイスで作っておきますか。」で、良いんですけど。
何を優先するか、ですよね。
カールツァイスが1年でダメになるのは悲しいな(;^_^A

そうなんだよ。
でもね、見え方が悪いと、仕事効率もダメになるってことが、よく分かった。
仕事用のレンズと、カールツァイスとの比較は、以下です!

見え方にこだわったレンズは、普通のレンズと比較してこんなに違う!

〇仕事用の遠近両用

  1. とにかく見づらい
  2. 視界が狭い(耳側指一本分が見えない)
  3. 遠くが見づらくて、バックするとき、怖い。→ツァイスに掛け替えてから車をバックしてる。
  4. 遠く・中間・近くと、意識して視線を動かさないと、そこに目がいかない。
    (※4番が一番ツァイスとの違いを感じる)
  5. 視線が合うまでに0.2秒ぐらいの時差を感じる。(→結果、仕事効率が落ちる)
  6. メインレンズでは、絶対に!使いたくないし、使えない。ストレス。

〇カールツァイスドライブセーフ遠近両用

  1. 遠く・中間・近くと、視線移動が滑らか。意識しなくても、遠く~近くまで、スムーズに視線が動く。
    (※これはどのお客さまも共通事項で仰ること。)
  2. ピントがスムーズに合う。
  3. 遠方の視界がクリアでハッキリくっきり見える。
  4. 視野が広い。
  5. 夜間の運転が特にしやすい(景色がくっきりはっきり見えて、明るく見える)
  6. 初遠近でも慣れやすい

最初、坂井さんにカールツァイスのドライブセーフを薦められたとき、

(うわー、高い・・・。)

って思ったけど、でも、完璧主義の坂井さんのことだから、
自分できちんと見え方を試したうえで、お客さんに薦めてるんだろうと思ったし、
いっちょ騙されてみるか、っていう気持ちで、そのレンズにした。
それに、俺の眼、重症で、もう一度メガネ合わせしないといけなかったし、
レンズ2枚分なら安いか、って思った。

レンズの選定は、性格やライフスタイル、両眼視状態を考慮した上で行ってます。

そうですね、Mさんの場合、その時ほら、県外にいたし、
仕事での移動も多いですよね?
長距離運転も多かったし、遠方で広い視野が求められるのと、
運転がしやすい方が良いだろうな、と思ったのと、
老眼の度数がそんなに高くなかったから、
色々考慮して、このレンズをお薦めしたんですよね。
だから確か、これでデスクワークしづらかったら、
老眼鏡作りに来てね、っても合わせて伝えてあるはず。
あと、仰る通り、わたし完璧主義なので(笑)、
自分で試してみて、これなら、お客さんに薦められる、と、
厳しい判断を下したレンズしか、売らないですよ。
そんな、薦められないようなレンズやフレームは、絶対薦めないし、売らない。
お客さんに迷惑かかっちゃうもん。

そうそう、その坂井さんの徹底したところが、信頼できる部分だから、
(坂井さんが良いって言うなら、いっちょ騙されてやるかー!)
で、ドライブセーフに決めて、結果、猛烈に良かった。笑

仕事用で作ったレンズを使うと、より違いが分かりましたよね?
わたし、見え方が悪いレンズ大嫌いなんですよね。
だからそれを、大切なお客さまに薦めるのが、ほんと、嫌だ。
そもそも見え方が悪い=脳に負担がかかる=QOLが低下するってことですからね。
そんなの、自分に置き換えて考えても嫌だ。
わたしはお客様に、いかにノーストレスで毎日を過ごしてもらうか、
ということを基準に考えてメガネを作っているので、
わたしがセレクトする遠近両用のレンズは、
見え方が良くて慣れやすいことが前提になってます。
遠近両用は、どのメーカーも、見え具合は様々なんですが、
その中でもレンズのグレードは、かなり見え方に比例するんですよ。
その上で、その人の、ライフスタイル、性格、職業、両眼視状態、
細かいところをチェックして、その人に合ったレンズを薦めてます。
カールツァイスは、ハード設計だから、慣れるまで少し大変でしたよね?

そうそう、ハード設計は、くっきりパッキリ見える分、
相性が合わない人もいるだろうなぁ、って、それはすごく思った。
ただ、慣れたら、他の見え方にもう戻れないぐらい、癖になる。

そうそう!わたしももう、手持ちのメガネのレンズ、全部ツァイスですよ。笑
もう他のレンズ使えないよ、Mさん。笑
もちろん、過去にカールツァイスの見え方が、合わなかったって人もおりますよ。
そういう人は、もう少し、柔らかい見え方を好む人ですね。
化粧品と同じで、100%全員に合う物は存在しないので、仕方ない。
大切なのは、合わないなって感じたときに、
・どういう部分で、合わなかったのか?
・どうすることでそれが解決するのか?
ということを、きちんと聞き取りして、深堀、検証分析すること。
そうすることで、ほぼ問題は解決します。

さすが坂井さん。徹底してるね。
その検証分析が、次の経験値にも繋がるしね。
俺も技術職だから、それ良く分かる。
万人に合う物なんてないよ。だから、その検証分析が大事。
解決するまでやる姿勢も大事。
レンズ選定するのにも、色々なことを考慮して行ってるんですね。

Mさんは、頑張り屋さんだし、ハード設計と相性良さそうだなぁ、と思いましたよ。笑
そもそも、プロ意識が高い方でしょ。
だから、仕事でも、きちんと見えることを最重要視してるし、
そもそも両眼視が出来てないと、良い仕事も出来ない。
こういうストイックな人は、ツァイスとの相性良いですよ。笑

もう仕事用のやつも、カールツァイスにしよっかなぁ。
やっぱり、仕事効率が下がるというのは、俺的には許せない。
見え方って、こんなに仕事効率に影響するんだって、今回すごく実感したもん。
あと坂井さん、レンズのグレードと見え方の違い、
それブログに書いたら?絶対大事だって。
レンズは、見え方で選ばないと、ダメ。ほんと、失敗するよ。
それ他の人にも伝えてあげてよ。

うーん、わたしが書くとなんか、ステマっぽいじゃないですか。笑
むしろ、Mさんとかが、SNSで発信したほうが効果あるんじゃないですか?笑
あと、このあいだ、フェイスシールド差し上げたじゃないですか。
もうツァイスにするなら、それをしてするとか、何か対策しないとね。笑

結論。レンズは、見え方で選ばないと、猛烈に失敗する。笑

わたしは必ず、お客さまに申し上げていることですが、レンズは、見え方で選ぶこと。
3年間ぐらい、毎日使うことを日割り換算してください。
快適な見え方で、ストレスのない生活を送る方が、大切です。

ちなみに、Mさんとの会話は、今度は違うことに移っていきました。笑
これは、またの機会に~。
ゆるゆるな会話トークでしたが、ここまでご覧下さって、ありがとうございました!